携帯性はデジタル一眼レフとコンパクトデジタルカメラでは

携帯性の違い

携帯性はデジタル一眼レフとコンパクトデジタルカメラではどれぐらい違うのか深く考えなくてもデジタル一眼レフはコンパクトデジタルカメラよりも携帯性は間違いなく悪いと思います。デジタル一眼レフの中には意外に軽いものもありますがコンデジに比べたらかなりの重さです。ミラーレス一眼を選べば軽くはなりますがレンズを含む重量はやはりかなりのものです。ペンタックスからかなり小さなミラーレス一眼が発売されていますがコンデジとは比べ物になりません。ボディ以外にいろんな交換レンズを持ち運ぶとなるとかなり苦労することになります。重いから嫌だという人は画質の良いカメラは使えないということなのでしょうか。携帯性だけを考えるならコンデジが有利ということになります。他にも荷物が多い旅行時などではコンパクトデジタルカメラが選ばれている事が多いと思われます。携帯性が良いということは小さいということです。小さいとたくさんの機能を詰め込みにくいということになります。色々犠牲になる部分が出てくるということですね。ですからここまでは我慢出来る重量というものを決めてその中で大きさなど考えると携帯性と画質のバランスが良くなるのではないでしょうか。携帯性だけを考えるならスマートフォンのカメラ機能で事は足りると思います。画質はそこそこということになりますが。

携帯性の違い関連エントリー

イメージセンサーの違い