レンズ交換式デジタルカメラの手ブレ補正

レンズ交換式デジタルカメラで使われる手ブレ補正機構

レンズ交換式デジタルカメラで使われる手ブレ補正機構とは一体どんなものがあるのでしょうか。
ちょっと変わったものがあったりするのでしょうか。
そんな事はありません。
基本的にはコンデジと同じ物が使われています。
レンズ交換式デジタルカメラとは撮影シーンに応じて一番良いと思うレンズに取り替えることが出来ますね。
そこが一番の特長だと言えると思います。
考えてみれば交換レンズごとに装備するのが一番良い方法だと思います。
しかし交換レンズに手ブレ補正機構を組み込んだものとボディ自体に組み込んだものがあります。

 

交換レンズに搭載しているのは主にキヤノン、ニコン、パナソニックがあります。
これはレンズシフト方式になっています。
ボディ内搭載型はオリンパス、SONY、ペンタックスなどで使われています。
どちらがどうだとかよく言われますがコンデジの場合と同様でどちらにも一長一短あります。
レンズ搭載型はそのレンズ特性に合わせた設定がしてあり効果は高いです。
ファインダーの像もブレません。
ただしレンズ自体の価格は高くなってきます。
ボディ内搭載型の方はどのレンズでも手ブレ補正効果を得ることができます。
ちょっと前まではこちらの性能はあまり高くありませんでした。
しかし最近ではかなり良くなっているようです。
ファインダー内の像に対しては効果はありません。

 

お得感で選ぶか性能で選ぶかですがこれだけでレンズ交換式デジタルカメラを選ぶのも本末転倒かなと思います。
しかし予算をたくさん持っている人ばかりではありません。
予算は少ないけどレンズ交換式デジタルカメラを使いたいという人はたくさんいます。
レンズに装備するのが一番良いことは分かりますがどちらを使うかは使う人次第だと思います。

レンズ交換式デジタルカメラの手ブレ補正機構関連エントリー

コンパクトデジタルカメラの手ブレ補正