コンパクトデジタルカメラの手ブレ補正

コンパクトデジタルカメラの手ブレ補正にはどんなものがあるのか

コンパクトデジタルカメラはとても小さなボディにいろんな機能を詰め込んでいるのですが手ブレ補正機構ももちろん詰め込まれています。
近頃のコンパクトデジタルカメラはほとんどすべての機種に静止画だけでなく動画も撮影できるようになっています。
動画も手ブレすると見ていて気持ちが悪くなったりしますよね。
どうにかならないものかと思ったりもします。
最近ズームも倍率の大きいものが多くなっていて手ブレ補正というのはとても重要になってきているんです。
しかし中身がどのような仕組みになっているのわからない人も多いと思います。
一体どんな仕組みになっていてどのように手ブレを補正しているのでしょうか。

 

まず電子式があります。
これは静止画にはあまり有効ではありませんので動画撮影の時に使われています。
それから光学式と言われるレンズシフト式があります。
レンズをブレに対して動かすことで打ち消すようになっています。これはパナソニックなどで使われています。
それからイメージセンサーシフト式があります。
イメージセンサーが動くようになっていてブレに対して動くことで打ち消してくれるものです。
これはオリンパスなどで使われている方式です。
どれが一番優れているのかとか言う話を時々聞きますがどの方式も得手不得手がありどれが一番かなど決められないと思います。
撮影シーンによって決まるのではないでしょうか。
レンズシフト式とイメージセンサーシフト式はあまり変わらない性能なのではないかと思います。
メーカーによって搭載されているものは違いますがどれも効果はしっかりしています。とにかくもうこれがないと撮影はとても大変なものになるのは確実です。
特にボディの小さなコンパクトデジタルカメラの場合は保持するだけでも気を使います。
そして軽いために安定もしません。
ズームを使わないのならまだ良いのですが高倍率ズームなど手ブレ補正機構なしではとても撮影など出来ないのではないでしょうか。

コンパクトデジタルカメラの手ブレ補正は関連エントリー

レンズ交換式デジタルカメラの手ブレ補正