ミラーレス一眼の仕組み

ミラーレス一眼はどんな仕組みなのか

ミラーレス一眼は簡単に言うとミラーがないものでいわゆるノンレフレックスと言われています。
レフレックスとは反射という意味を持っていますのでノンレフレックスとはそれがないという意味になります。
ミラーボックスのないレンズ交換式デジタルカメラのことですね。
デジタル一眼レフの場合ではレンズを通して入ってきた光はレンズと撮像素子の間に配置されているミラーによって斜め上へ反射されます。
そこで今度は一部はAFセンサーに届きそれ以外はプリズムやミラーによってまた角度を変えられ光学ファインダーに届くんです。
そこを覗きながら構図を決めたりするんです。
そのミラーが無いということは光学ファインダーも持っていないものということになります。
ミラーや光学ファインダーがない分フランジバックが小さく出来ます。
その分小さく設計することができるようになっています。
それに伴いその分軽くもなります。
そのおかげで腕力の弱い女性やまだあまり経験がなく重いカメラを構える事が難しい人でも十分に保持して撮影することが出来るようになりました。
出かけてみるとカメラを持った特にミラーレス一眼を持った女性をよく見かけるようになってきたと思います。
なかなかかっこいいと思いますよ。
ただし光学ファインダーがないので撮影は背面の液晶モニターを見ながら行うことになりますね。
一部には電子ビューファインダーを取り付けることが出来るようになっていたりまたはそれを内蔵していたりする機種もあります。
この電子ビューファインダーについては様々な意見がありますが使い勝手は一部の撮影法を除きそう悪くはありません。

以前はよく聞いたAFが遅いという件は今では解決しています。
コントラストAFの性能も良くなったばかりか位相差AFを搭載した機種もあります。

ミラーレス一眼の仕組み関連エントリー

ミラーレス一眼を選ぶ時は