絞り

絞りはどんなもの

絞りというのは光学系において通る光を調整するもののことを指します。
その値の事をF値と言います。
このF値が小さいほど光はたくさん入ってきます。
F値が大きいほど光が入ってくる量は少なくなります。
デジタル一眼レフやデジタルカメラなどはレンズから入ってきた光が撮像素子に届きすぎたり少なすぎたりしないように通過点を広げたり小さくしたり出来るようになっています。
これは数枚の板状の絞り羽根と言われるものからできていて絞りリングを操作することで調整できるようになっています。
光は多すぎると像は真っ白になります。
そうならないように絞りを絞る訳です。
手動で行う以外にAEといって自動調整してくれるものもあってこれが付いているものがほとんどだと思います。
それから絞りによってピントが合う範囲も変わります。
大きく絞るほどピントの合う範囲は広くなり逆は狭くなります。
この範囲を被写界震度とも言います。
被写界深度が浅いとか深いとかいう使い方です。
背景をぼかしたりする場合はそうするんです。
光の使い方しだいで画像は変わってくるということです。
うまく使えば自分なりの表現も出来るという事ですね。

詳しくなり使いこなせるようになればとてもおもしろい写真が撮れるようになるということですね。