デジタル一眼レフ

デジタル一眼レフとはどんなもの

デジタル一眼レフとはどんなものなのか一言で説明するのは難しそうですね。
まず光という情報が入ってくるところであるレンズがひとつなので一眼なんですね。
それとレフはレフレックスのことで反射を意味しています。
先端のレンズから入ってきた光は撮影時に後方にある撮像素子に当たります。
撮影前に構図を決めたりするときに覗く光学ファインダーには先に説明したミラーで反射して上方へ角度を変えレンズから入ってきたものが見えるようになっています。
撮影時にはミラーが跳ね上がって撮像素子に光が当たり撮影できるわけです。
ですから簡単に言うと光学ファインダーが付いたレンズ交換式デジタルカメラに事をデジタル一眼レフという事になります。
よく芸能人やスポーツ選手の記者会見で大きく長いレンズの付いたカメラを構えたカメラマンがたくさんいるのを見たことが有ると思います。
そのカメラがデジタル一眼レフです。
最近は光学ファインダーが付いていないミレーレス一眼という機種があります。
これは止まっている被写体を撮影するのには向いていますがスポーツシーンなど動く被写体の場合には光学ファインダーを搭載した機種のほうが向いています。
どとらを選んでもそこそこの写真は撮れますが向き不向きというものもありますので購入前によく調べたほうが良いでしょう。

デジタル一眼レフとはどんなもの関連エントリー

絞り
撮像素子について
画質について